ギータ1軍合流即77振25発!鷹、21日優勝M「23」灯す - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ギータ1軍合流即77振25発!鷹、21日優勝M「23」灯す

更新

打撃練習で豪快なスイングをみせる柳田。1軍昇格が決まった(撮影・村本聡)  左膝の肉離れで離脱しているソフトバンク・柳田悠岐外野手(30)が20日、ヤフオクドームで練習を行い、21日のオリックス戦(ヤフオクドーム)での4カ月ぶりの1軍復帰が決まった。工藤公康監督(56)の前でフリー打撃。77スイングで25本の柵越えを放ち、首脳陣の最終チェックをクリアした。

<< 下に続く >>

 打球音とともに気合を込めた声が響いた。4カ月ぶりの本拠地で、汗びっしょりのギータ劇場。表情も言葉も、元気な柳田に戻った。

 「暑くて、何じゃこれはと思いましたよ」

 最初の10スイングで前に飛んだ打球は2本。11スイング目に「痛っ」と悲鳴をあげた。右すねに自打球が当たり、まさかの中断。首脳陣が表情を曇らせた。それでも応急処置を終え、防具を着けて戻ると3スイング目に右翼ホームランテラスへ運んだ。77スイングで柵越え25本。4連発も披露し、中盤からは右翼席中段への本来の飛距離も取り戻した。

 ヒヤリとした瞬間も含めて柳田らしさ全開。工藤監督は「フルスイングできていて、いいのでは。振れることが大事。いけるということを表情からも感じた」と安心した。自打球の影響で守備は中止も、21日からの昇格に支障はない。

 DHも含めた起用法について、指揮官は「あした、どうしていくか考えます」とした。2軍戦の試運転は6試合で12打数4安打。4月8日にチームを離れた主砲は「(昇格は)決まっていないですけど、荷物があるのであしたもきますよ」とはぐらかすと、ナインに恩返しを誓った。

 「残り29試合なので頑張りたい。みんな100試合以上もすごいです。いや、尊敬します。疲れていると思うので、(自分が)いい結果を出せるように頑張ります」

 この日、2位西武が日本ハムに勝ったため、優勝へのマジックナンバー点灯は持ち越しとなったが、21日にも優勝マジック「23」が点灯する。活気十分のチームが最高のエンジンを積んで、ラストスパートだ。 (安藤理)

データBOX

 ◎…西武が勝ったため、ソフトバンクの優勝へのマジックナンバーの最短点灯は21日に延びた。点灯条件は21日にソフトバンクがオリックスに勝ち、西武が日本ハムに引き分けか負け。ソフトバンクが引き分けても、西武が負ければ、いずれも優勝マジック「23」がつく

PR