NY紙、マー君の好投を称賛「新たなスプリットで相手を支配した」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

NY紙、マー君の好投を称賛「新たなスプリットで相手を支配した」

更新

ブルージェイズ戦で8勝目を挙げ、報道陣の前でポーズをとるヤンキース・田中=トロント(共同)  ブルージェイズ0-1ヤンキース(11日=日本時間12日、トロント)米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(30)がブルージェイズ戦に先発し、8回0/3を3安打無失点。1-0の勝利に導いた。今季8勝目(6敗)は現役の日本投手で単独トップとなる日米通算171勝目(日99勝、米72勝)。

<< 下に続く >>

 直近3試合で計19失点したマー君が復調を印象付けた。好投をニューヨークのメディアも称えた。ヤンキースの地元紙「デイリーニュース」(電子版)は11日(同12日)、「田中、新たなスプリットでブルージェイズを支配」との見出しを打って、「田中はシーズンを通して彼本来のスプリットフィンガー・ファーストボールを探し出すことに苦しみ、スライダーに頼っていたが、この日ベテラン右腕は全てのピッチングを機能させ相手を支配した」と報じた。

 同紙は「田中は厳しい不安定なシーズンを送る中、この日は確実に8勝目を挙げるにふさわしい内容だった」と称賛した。

試合結果へ田中の成績へ

PR