星稜・奥川、省エネ94球で3安打完封!笑顔も評価も“マー君級”/甲子園 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

星稜・奥川、省エネ94球で3安打完封!笑顔も評価も“マー君級”/甲子園

更新

力投する奥川 (撮影・水島啓輔)  第101回全国高校野球選手権大会第2日第3試合(星稜1-0旭川大高、7日、甲子園)スコアボードに9つ目の「0」を刻み、奥川が満開の笑顔を咲かせた。3万人が詰めかけた真昼の甲子園で、見事な“令和初完封”を決めた。

<< 下に続く >>

 「初戦が一番大事。初戦を勝ち切れたことに関してはよかった」

 一回先頭を空振り三振に仕留めた球が、この日最速で自己最速タイの153キロ。喝采で“奥川劇場”が幕を開けると、最も注意力を研ぎ澄ます立ち上がりを、3者連続三振と最高の形で切り抜けた。完投を意識して力を7、8割に抑えた中盤はスライダーが中心。六回以降は完全投球で、一度も三塁を踏ませることなく3安打9三振。94球の省エネでまとめた。

 石川大会の準々決勝以降は、熱い日差しが照りつけても、リードを許す展開でも、延長に入っても、1点を争うしびれる展開で集中力を切らすことなく投げ続けてきた。「その3試合が生きた」。大船渡・佐々木ら好投手が地方大会で敗れたことで、高校野球ファンの注目と期待を一身に背負う全国の舞台でも、力を発揮した。

 出場した過去3度の甲子園ではいずれも球場に着き、バスから降りた瞬間に「ガチガチ」に緊張していたという奥川だが、今回は違う。試合前は平常心を、マウンドでは「いい緊張感」を保ち、余裕たっぷり。たくましさを増し、4度目の聖地に舞い戻ってきた。

 「去年の夏も今年の春も2回戦で負けてしまっているので、次の試合が大事。成長を見せたい」

 中5日で臨む次戦の相手は、甲子園初勝利を挙げて勢いに乗る立命館宇治。石川県勢初の全国制覇へ。最後の夏、大会の主役は誰にも譲らない。 (須藤佳裕)

星稜・林監督「(奥川は)力を抜いたり入れたり、彼らしい投球ができた。長打だけ打たれないようにボールを散らせと指示していた」

奥川をリードした星稜・山瀬主将「一番警戒したのは持丸君。九回(の右飛)はひやっとした。もっと点を取ってやらなければ」

★スカウト高評価

ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク「球威、コントロールとも高校生の時の田中(現ヤンキース)、ダルビッシュ(現カブス)と並ぶと思う」

楽天・後関スカウト部長「高校生の中で、来年プロで一番やれそうな投手。もちろん、1位候補」

ロッテ・松本球団本部長「佐々木と奥川がビッグ2といっていいんじゃないか。完成度を感じる」

奥川 恭伸(おくがわ・やすのぶ)

 2001(平成13)年4月16日生まれ、18歳。石川・宇ノ気町(現かほく市)出身。宇ノ気小3年時に宇ノ気ブルーサンダーで野球を始め、宇ノ気中野球部で全国大会優勝。星稜高では1年春からベンチ入り。甲子園は2年春から4季連続で出場。2年時に高校日本代表。遠投110メートル。183センチ、84キロ。右投げ右打ち。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

PR