ソフトバンク・柳田、2軍戦で涙「良かった」 4カ月ぶり実戦 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ソフトバンク・柳田、2軍戦で涙「良かった」 4カ月ぶり実戦

更新

ウエスタン・リーグの広島戦で実戦に臨んだソフトバンク・柳田=タマホームスタジアム筑後  左膝裏の肉離れで戦列を離れているソフトバンクの柳田悠岐外野手が8日、ウエスタン・リーグの広島戦(タマホームスタジアム筑後)で約4カ月ぶりに実戦に臨み「治るかどうか分からない不安な気持ちがあった。良かった」と涙ながらに胸中を吐露した。

<< 下に続く >>

 「4番・指名打者」で先発し、第1打席は右臀部へ死球、第2打席は空振り三振で出番を終えた。

 4月7日のロッテ戦で負傷し、思うようにリハビリが進まない日々が続いた。タオルで顔を覆い「4カ月間を思い出した。よう打席に立てたな」としみじみと言う。患部の状態は「走ることは大丈夫」と説明した。

 今後は徐々に守備に就き、10試合程度をこなして1軍に昇格する希望を持つ。「スイング自体は普通にできている。そこからどうやって投手に合わせていけるか」と試合勘を取り戻す道筋を思い描いた。報告を聞いた工藤監督は「出たということが何より」と喜んだ。

PR