日本ハム・清宮、待望の一発「ちゃんと考えながら打席に入れてると思う」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

日本ハム・清宮、待望の一発「ちゃんと考えながら打席に入れてると思う」

更新

6回日本ハム無死、清宮が中越えに本塁打を放つ=旭川  (パ・リーグ、日本ハム-オリックス、16回戦、8日、旭川)日本ハムの清宮が6月20日のDeNA戦以来、約1カ月半ぶりとなる3号ソロを放った。0-3の六回、先頭打者でプロ初先発の張奕からバックスクリーン左へ運び「先頭で塁に出れば上位打線につながるので出塁することだけを考えていた」と振り返った。

<< 下に続く >>

 三回1死の第1打席では、芯で捉えながらも打球が一塁手の正面を突き一直に倒れていた。迎えた六回の第2打席。1ボールから2球目の変化球を完璧に捉えると、打球は雨を切り裂いてスタンドまで届いた。「前の打席も1ボールから真っすぐをいい感じで捉えられていたので、ちゃんと考えながら打席に入れてると思う」とうなずいた。

 実に64打席ぶりに出た待望の一発。高校出新人だった昨季7本塁打を放ったが、今季はオープン戦で右手首付近を骨折して出遅れ、5月24日に昇格した後も状態が上がらなかった。そんな中でも起用し続けてくれた栗山監督へ、ようやくアピールした。

村田(4回3失点で2敗目)「全体的にボール先行のカウントにしてしまったことが反省点」

試合結果へ

PR