ヤクルトに逆転負けの阪神・矢野監督「ソラーテが来たことで、難しくなってる部分もある」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ヤクルトに逆転負けの阪神・矢野監督「ソラーテが来たことで、難しくなってる部分もある」

更新

球場を後にする阪神・矢野監督=神宮球場(撮影・山田喜貴)  阪神は神宮でヤクルトと対戦、大山の適時打とソラーテのソロで2点を先行したが、1点リードの六回、ガルシアが中村に2ランを浴びて、逆転負け。九回無死満塁の絶好機を作ったが、代打高山の三ゴロで1点止まりだった。

<< 下に続く >>

 最後はあと1本というところまでいったことについて、矢野監督は「粘りを見せてくれて。行ける雰囲気というかね、それはつくれたし。うん、まあそこは。決めきれんかったっていうのはね、ちょっと残念やけど。そこまでは(良かった)」と悔しがった。

 逆転2ランを浴びたガルシアについては「悪くはないんじゃない? ただ勝負どころのね、最後のほんとあと1人っていうところで、9連戦の頭やし、ねえ? そんなに早く、ピッチャーをボンボン(つぎ込むのも)球数的にもアレやし」と説明した。

 六回にはソラーテの二塁起用に伴い、遊撃に回っている糸原の適時失策で追加点を許した。

 「そのリスクもね、もちろん俺も負って、何とか点取ろうというところで。まあ、ソラーテが来たことで、まあ俺自身も難しくなってる部分もまああるし。まあ、本来セカンドで守るのがショートっていうのが簡単ではないと思うけど。まあ、うーん…。そこは俺の責任とね、健斗自身ももちろん頑張らなあかんところは、両方あるかなと思う」などと話した。

 借金は5となり、3位広島には5・5差となった。

試合結果へ

PR