ロッテ・涌井、4回6失点KO 5月8日以来11戦勝ち星なし - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ロッテ・涌井、4回6失点KO 5月8日以来11戦勝ち星なし

更新

先発のロッテ・涌井=ZOZOマリンスタジアム(撮影・加藤圭祐)  ロッテの涌井秀章投手(33)は31日、オリックス14回戦(ZOZOマリン)に先発。4回8安打6失点でノックアウトされ、5月8日の西武戦(前橋)以来、11試合連続で勝ち星なしに終わった。

<< 下に続く >>

 一回に遊撃手・三木の失策で1死一塁となった直後に、吉田正に高めのボール球を右翼席まで運ばれ、先制2ランを許した。

 二回にも松井雅に適時打を浴びたが、その裏、三木が「エラーをしていたので何とか取り返したい、その気持ちだけでした」と中前2点打を放ち、追い上げムードをつくった。

 しかし、エースは四回、先頭のモヤに右越え二塁打を浴びると、2死から4連打と押し出し四球を与えて3失点。10連戦の2戦目、涌井は無念の4回降板となった。

PR