マー君、“超超”異例の3日連続ブルペン - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

マー君、“超超”異例の3日連続ブルペン

更新

ボストンのフェンウェイパークで異例となる3日連続でブルペン入りしたヤンキースの田中将大投手  米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(30)が28日(日本時間29日)、遠征先のマサチューセッツ州・ボストンのフェンウェイパークで25日(日本時間26日)の登板から、“超超”異例となる3日連続のブルペン入り。通常は中4日の場合、登板翌日から、ノースロー調整→ブルペン投球→キャッチボールなどという調整日程を過ごすが、3日連続で投球練習という新たな取り組みで復調へ向けて模索している。

<< 下に続く >>

 「(前日まで2日間も)ブルペンで投げたからブルペン投球になるけど自分の中ではあれはキャッチボールの延長だし、軽く傾斜の上から感触確かめながら投げていただけ。きょうはもともと予定していたいつものブルペンでの投球」

 練習後には、練習の意図を説明。この日も前日同様に投球の計測機器を置き、合計30球中、約半分はスプリットを投げるなど入念な調整は続いている。

 落差の切れを欠くなど不調に陥ったウイニングショット、スプリットの修正が課題。「新たな方向で修正していっている。(取り組み方の変更は)大きなことではあります」とこれまでとは違うアプローチで決め球の復調をはかっているようだ。

 「前回あの登板(3回1/3、12安打12失点)があったわけですから、早くゲーム投げて、あの試合のことが取り返せるわけじゃないけど、いい投球したい、というのはある」

 ブーン監督は、田中の次回先発を31日(同8月1日)、ホーム・ヤンキースタジアムで行われるダイヤモンドバックス戦と発表した。

PR