阪神の新外国人、ソラーテ 初実戦は1打数無安打2四球2打点「いい形でプレーできた」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神の新外国人、ソラーテ 初実戦は1打数無安打2四球2打点「いい形でプレーできた」

更新

4回、犠牲フライを放つ阪神・ソラーテ=鳴尾浜タイガーデン(撮影・森田達也)  阪神の新外国人、ヤンハービス・ソラーテ内野手(32)=前マーリンズ傘下3A=が24日、BCリーグ、富山・福井選抜との練習試合(鳴尾浜)に「3番・遊撃」でスタメン出場。1打数無安打2四球2打点をマークした。

<< 下に続く >>

 「ほんとにきょうはいい形でプレーできたということがよかったと思いますし、もうちょっと引きつけていかないといけないなっていうのがあるんですけど、日本のピッチャーと対戦する機会をいただけてよかったと思います」と充実感をにじませた。

 一回2死走者なしからの来日初打席では四球を選び、三回1死一、三塁から一ゴロの間に三走・熊谷が生還して来日初打点を記録。さらに、四回1死三塁で右犠飛を放った。第3打席までが左打席、四球を選んだ第4打席のみ右打席だった。

 守備では遊撃で遊ゴロ併殺を含む2度の守備機会を無難にこなし、五回表からついた左翼でも1度の守備機会があり、浅いフライを難なく捕球した。

PR