日本ハム・金子、古巣斬り6回ノーヒッ投!攻めて4勝 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

日本ハム・金子、古巣斬り6回ノーヒッ投!攻めて4勝

更新

金子は古巣のオリックス打線を相手に、6回を無安打無失点と好投した  (パ・リーグ、オリックス2-5日本ハム、12回戦、日本ハム7勝3敗2分、23日、ほっと神戸)ノーヒットノーランの期待を抱かせる好投だった。日本ハム・金子弌大(ちひろ)投手(35)が安打を許さず6回無失点で、4勝目を挙げた。昨季まで在籍したオリックス打線を手玉に取り「攻める気持ちを持って投げることができた」と充実感に浸った。

<< 下に続く >>

 救援で4回無失点だった6日の楽天戦以来、中16日での登板。間隔が空いた中でも「(前半戦の)最後にいい形で終われたのが大きかった」と、良い感触は残っていた。緩急を付けてタイミングを外し、手元で動く球でバットの芯を外す。許した走者は四球の2人だけだった。

 六回を投げ終えた時点で、球数が今季最多の92となり、七回からは救援陣に託した。無安打のままでの交代については「諸事情があったので」と言葉を濁したが、4月18日に移籍後初勝利をつかんだ神戸のマウンドで、再び古巣から白星を挙げた。

金子について日本ハム・栗山監督「間隔を空けて調整してもらった。疲れを取ればこれだけ投げられる。素晴らしかった」

二回に左翼ポール直撃の4号ソロを放った日本ハム・石井「速い球に合わせて、厳しいところはファウルにと思っていた。たまたまいいところに飛んでくれた」

試合結果へ

PR