阪神・ソラーテが入団会見「自分の100%を出せるようにしたい」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神・ソラーテが入団会見「自分の100%を出せるようにしたい」

更新

入団会見でポーズをとる阪神・ソラーテ=甲子園球場(撮影・松永渉平)  阪神が獲得したヤンハービス・ソラーテ内野手(32)=前マーリンズ傘下=が22日、西宮市内の球団事務所で入団会見を行った。前日21日に来日したばかりの助っ人は、力強く第一声を発した。

<< 下に続く >>

 「非常にうれしく思ってますし、このようにみなさんに受け入れていただいて感謝していますし、自分の100%を出せるようにしたい」

 ソラーテは米大リーグ通算75本塁打を誇る強打のスイッチヒッター。さらに二、三塁を中心に内野すべてと外野の守備経験もあるユーティリティープレーヤーだ。今季はジャイアンツでスタートし、メジャー28試合で打率・205、1本塁打という成績で5月に自由契約となった。6月に入りマーリンズとマイナー契約を結び、3Aでは15試合で打率・314、1本塁打の成績を残していた。

 阪神はここまでリーグトップの防御率3・42を誇りながら、同最少の330得点で得点力が課題。貧打解消のため、今月7日に緊急獲得を発表していた。

 今季終了までの契約で、推定年俸5000万円。背番号42。23日は1軍練習に参加する予定で、早ければ24日の2軍練習試合・BCL福井富山選抜戦(鳴尾浜)で実戦デビューとなる見込みだ。

PR