大谷翔平、4戦ぶり複数安打「感覚も良くはなっている」 菊池雄星は7失点で7敗目「悔しい負け方」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

大谷翔平、4戦ぶり複数安打「感覚も良くはなっている」 菊池雄星は7失点で7敗目「悔しい負け方」

更新

マリナーズ戦の5回、菊池(手前)から左中間に二塁打を放つエンゼルス・大谷=シアトル(共同)  マリナーズ-エンゼルス(21日、シアトル)エンゼルスの大谷は「3番・指名打者」でフル出場し、5打数2安打、1得点だった。内容は見逃し三振、二ゴロ、左中間二塁打、中前打、遊ゴロで、打率は2割9分7厘。チームは9-3で勝った。

<< 下に続く >>

 マリナーズの菊池は先発して5回を投げ、2本塁打を含む9安打7失点、3三振1四球で、7敗目(4勝)を喫した。防御率は5・37。(共同)

大谷「チームが勝ったのでまず良かった。感覚も良くはなっている。(菊池から)最後は打ったが、最初の打席も3ボール2ストライクから見逃して(三振)という感じで、良いのと悪いのがはっきりしている」

菊池「悔しい負け方だった。球自体はコントロールできていたし、納得がいく球は増えてきたが、最後まで流れがつかめなかった」

試合結果へ大谷の成績へ菊池の成績へ

PR