早実が七回コールドで16強入り、清宮福太郎は3打数無安打/西東京 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

早実が七回コールドで16強入り、清宮福太郎は3打数無安打/西東京

更新

試合に勝利し、整列に向かう早稲田実・清宮福太郎(左)=府中市民球場(撮影・桐原正道)  西東京大会4回戦で、早実が田無工に7-0で七回コールド勝ち。16強入りを決めた。17日に華々しい公式戦デビューを飾った清宮福太郎内野手(1年)は「6番・左翼」で出場し3打数無安打だった。

<< 下に続く >>

 早実は一回、1番・北村から3連打で2点を先制。その後も得点を重ね、六回に2番・千葉翔遊撃手(3年)が右翼席へ2ランを放ち勝負あり。「真っすぐを狙っていました。感覚はものすごい良かったです」と振り返った。投げては宇野竜一朗投手(2年)が6回2安打無失点と相手打線を寄せ付けなかった。

 清宮は二回の第1打席は二飛、四回の第2打席は三失、五回の第3打席は右飛に倒れた。

 ◇西東京大会(府中市民球場)

 ▽4回戦

 田無工

 0000000-0

 201022×-7

 早実

     規定により七回コールド

(田)青野-河村

(早)宇野、東海林-茅野

 (本)千葉(早)

PR