巨人のマシソン、1回2安打無失点「課題は達成できた」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

巨人のマシソン、1回2安打無失点「課題は達成できた」

更新

ジャイアンツ球場で行われたイースタン・リーグ、西武戦に登板したマシソン  右内転筋の軽い肉離れで出場選手登録を抹消されている巨人のスコット・マシソン投手(35)が5日、イースタン・リーグ、西武戦(ジャイアンツ球場)で実戦復帰。予定通りの1回10球を投げ、2安打無失点だった。

<< 下に続く >>

 「感触はよかった。自分のなかでの課題は達成できたんじゃないかな」

 天候が荒れる予想もあった中、先発マウンドに上がったマシソン。先頭・水口には全て直球勝負で中前打とされ、続く斉藤彰は135キロのフォークで空振り三振。その際に、水口に二盗を許す。3番・山野辺は128キロのスライダーで遊飛に抑えたが、4番・戸川には132キロのフォークを右前打。右翼手・石川の好返球で本塁は刺殺し、無失点でマウンドを新助っ人のデラロサ(前ダイヤモンドバックス3A)に譲った。

 「試合で投げ続けていくことが大事なので、そのなかでいかにチームに貢献できるものかというのが自分で課題だと思う」とマシソン。助っ人右腕は、6月18日のオリックス戦(東京ドーム)で途中交代していた。1日も早い1軍復帰が待たれる。

PR