阪神・近本がファン投票で初の球宴出場「甲子園で開催というのも何かの縁」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神・近本がファン投票で初の球宴出場「甲子園で開催というのも何かの縁」

更新

オールスターにファン投票で選出された阪神・梅野と近本(右)=甲子園球場(撮影・松永渉平)  「マイナビオールスターゲーム2019」のファン投票の最終結果が24日、発表され、阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=が外野手部門として選出された。両リーグを合わせて、新人ではただひとりの選出。チームに新しい風を吹き込むルーキーが、夢舞台でも暴れてみせる。

<< 下に続く >>

 「新人でオールスターに出られるとは考えていなかったんですけど、本当にファン投票という形で選んでいただいてうれしく思いますし、矢野さんがいつもおっしゃられている、ファンの方を喜ばせるというのを、しっかり体現できているかなと思い、光栄に思います」

 ここまで72試合に出場し、打率・268、6本塁打、24打点。18盗塁はリーグ2位と、持ち前の快足をプロの舞台でも発揮してきた。矢野阪神に生まれた新しい風を、ファンが見逃すはずがなかった。

 阪神の新人が選出されたのは16年の高山以来3年ぶり。12日の第1戦は東京ドーム、13日の第2戦は本拠地・甲子園で行われる。5年ぶりの聖地開催に、近本も「この1年目で、かつ甲子園で開催というのも何かの縁だと思う」と期待を寄せた。淡路島に生まれ兵庫・社高、関学大、大阪ガスを経て虎に入団した生粋の関西人。甲子園でも、そのプレーの全てでファンを魅了していく。

 「自分の武器である足を、ヒットもそうなんですけど内野安打だったり、アウトになってもしっかり全力疾走して、投票していただいたファンの方に恥じないように、しっかりプレーで見せたいと思います」

 梅野隆太郎捕手(28)が捕手部門として、ピアース・ジョンソン投手(28)も中継ぎ部門として選出された。27日には選手間投票が発表される。

セ・ファン投票選手パ・ファン投票選手

PR