ヤクルト・村上が球宴初選出「自分のスイングで」、山田哲も2年連続5度目 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ヤクルト・村上が球宴初選出「自分のスイングで」、山田哲も2年連続5度目

更新

「マイナビオールスターゲーム2019」にファン投票で選ばれたヤクルトの村上と山田哲=神宮球場(撮影・中井誠)  ヤクルト・村上宗隆内野手(19)と山田哲人内野手(26)が24日、「マイナビオールスターゲーム2019」(7月12日・東京ドーム、13日・甲子園)のファン投票の最終結果でセ・リーグ三塁手、二塁手部門でそれぞれ1位となり、出場を決めた。

<< 下に続く >>

 高卒2年目の村上は初選出。今季は全73試合に出場し打率・229、リーグ3位タイの19本、同トップの55打点を挙げている。燕の大砲は「初めてなのでものすごくうれしいです。持ち味となる打撃で自分のスイングができればいい」と語った。

 10代でファン投票に選出されたのは、15年の西武・森友哉以来。ヤクルトで10代の選手が球宴に出場したのは、1951-53年の金田正一(17歳-19歳11カ月)、90年の川崎憲次郎(19歳6カ月)、2009年の由規(19歳7カ月)の3人。ファン投票で選出されたのは野手では球団史上初。三塁手部門の10代でのファン投票選出は球界史上初となった。

 山田哲は2年連続5度目の選出。今季は72試合に出場し、打率・277、同3位タイ位の19本、45打点、同3位の17盗塁の成績。「自分自身も楽しみたい。打撃では本塁打を期待されていると思うので頑張りたいです」と語った。

セ・ファン投票選手パ・ファン投票選手

PR