【小早川毅彦の打診球診】鷹のレベルの高さ示したV 非常事態でも代役が大暴れ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【小早川毅彦の打診球診】鷹のレベルの高さ示したV 非常事態でも代役が大暴れ

更新

交流戦優勝しファンに挨拶するデスパイネ、グラシアル、福田、内川、和田、松田宣らソフトバンクナイン=東京ドーム(撮影・今野顕)  (セ・パ交流戦、巨人1-5ソフトバンク、3回戦、ソフトバンク2勝1敗、23日、東京D)いくら交流戦に強いソフトバンクでも、さすがに今年は厳しいとみていた。野手陣も投手陣も主力の離脱が相次ぎ、明らかな非常事態だった。

<< 下に続く >>

 そんな中で、相変わらず、代役がしっかり仕事をこなした。リーグ戦では代走や守備固めのイメージが強い福田は、この3連戦だけで3本塁打と大暴れ。しかも、二塁手で先発出場し、中堅手に回るマルチな活躍だ。選手層が厚く、チーム全体のレベルが高いことを、これほど如実に物語る優勝はないだろう。

 この勢いでペナントレースも…となるかというと、話は別。首位は楽天。他チームは「今年の楽天は違う」「落ちてくることはない」「自分たちが追いつかないといけない」と覚悟を決めている。パはハイレベルな混戦が期待できそうだ。

 交流戦中にセの首位に立った巨人も、中継ぎ陣の不安は解消されていない上に、エース菅野が早々にKOされた。フォームのバランスを崩している。体調面で何かあるのか、心配になる。

 広島も交流戦でダメージを負い、チーム全体のメンテナンスが必要になった。したがって、このまま両チームのマッチレースが続くかは疑問。セも混戦になる可能性を秘めている。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

PR