中日・松坂「きょうが一番いい試合だった」1軍復帰へさらに前進 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

中日・松坂「きょうが一番いい試合だった」1軍復帰へさらに前進

更新

先発登板した中日・松坂=ナゴヤ球場(撮影・中島信生)  右肩炎症からの復活を目指す中日・松坂大輔投手(38)が21日、ウエスタン・広島戦(ナゴヤ球場)で、今季3度目の実戦登板。先発して6回108球を投げて7安打2失点、2奪三振。直球の最速は139キロだった。再三走者を許すも要所を締め、1軍復帰に向けて『肩のスタミナ』もアピールした。

<< 下に続く >>

 「僕は若いときから状態がいいときよりも悪いときにどう抑えるか、を考えながら投げてきた。そういう意味で、きょうが一番いい試合だった」

 松坂は収穫を口にした。一回は四死球で2死一、二塁とされたが、坂倉を遊ゴロに。二回も1死後、遊撃手のルーキー根尾がゴロをファンブル。このあと2安打されて2死満塁。ここで庄司を見逃し三振に。三回、先頭の小窪に死球。1死後、坂倉、サンタナ、正随に3連打を浴びて1失点。なおも1死満塁のピンチを迎えたが、後続を打ち取って、最少失点で切り抜けた。「体に力が入らなくて、全体的にどうにもならんな、と思って投げていた」。

 四回は三者凡退。五回、サンタナに中前適時打を許して2点目を奪われた。「『(コーチから)体の感じはどうか』と聞かれたので、『六回もいけます』と言いました。志願の六回を三者凡退に締めて、「いい形で終われた」と振り返った。

 松坂は春季キャンプ序盤にファンと接触して右肩を痛めてから2軍で調整。初実戦だった5月28日の同・ソフトバンク戦(タマホーム筑後)で2回無安打、6月14日の同・阪神戦(甲子園)は4回1失点の好投。松坂は「もう(次回登板で)制限をかける必要はないかなと。いつでも(1軍登板は)いけるという気持ち。あとは使ってくれる人(与田監督)の判断」と猛アピール。今回も悪いなりに108球を投げられたことで1軍復帰へ、さらに前進した。

PR