西武、手痛い逆転負け ヒース、満塁被弾は「風に乗って入ってしまった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

西武、手痛い逆転負け ヒース、満塁被弾は「風に乗って入ってしまった」

更新

8回、DeNA・楠本に満塁弾を浴びた西武・ヒース=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)   (セ・パ交流戦、DeNA6-4西武、3回戦、DeNA2勝1敗、9日、横浜)西武は手痛い逆転負けを喫した。4-2の八回、3番手のヒースが2死一塁から四球と内野安打で満塁のピンチを招き、代打楠本に左越えの逆転満塁本塁打を浴びた。「不運な当たりでつながれ(本塁打は)風に乗って入ってしまった」とうなだれた。

<< 下に続く >>

 3-2の六回から平井が2回を無失点でしのぎ、八回に代打岡田の適時打でリードを広げ、勝利への流れができていただけに、悔やまれる敗戦となった。辻監督は「レフトへ吹く風は一番注意しないといけないところだった」と指摘した。

試合結果へ

PR