交流戦の鷹!ソフトB、負けなし4連勝 千賀コイ斬り6勝目 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

交流戦の鷹!ソフトB、負けなし4連勝 千賀コイ斬り6勝目

更新

7回無失点で6勝目を挙げた千賀。チームは交流戦開幕4連勝だ(撮影・加藤孝規)  (セ・パ交流戦、広島3-6ソフトバンク、1回戦、ソフトバンク1勝、7日、マツダ)昨年の日本シリーズの再戦にふさわしく、両リーグの首位で激突だ。雪辱に燃える真っ赤な観客席を黙らせたのは鷹のエース。赤ヘルの中軸をねじ伏せたソフトバンク・千賀が6勝目を挙げた。

<< 下に続く >>

 「あの2人がキー。そこを抑えないといけないと思っていました」

 一回1死一塁でバティスタにカットボール。2死二塁で鈴木から155キロで連続の空振り三振を奪った。三回1死二塁では、一回と決め球を入れ替えて連続三振。「打たせて取ろうと思ったら、あの2人には簡単にやられる。思い切り抑えにいきました」と三振を狙って封じた。四回以降は無安打で7回3安打無失点。105球で早めの降板は、投球以外でも勝利に貢献したからだ。

 「グラウンドをかけまわって足が疲れました」

 三回2死の今季初打席で中前へ。通算3本目の安打はチーム初安打。五回1死一、二塁の一ゴロも先制点につながる進塁打になった。バント失敗の後、サインの確認に村松三塁ベースコーチの元へ。「(サインの)手が早くて全然分からなくて。間違えるよりは聞く方がいい」。バスターで2死一、三塁を作った。

 「(進塁打を)みんなにほめられて、うれしかった。パ・リーグの投手は年に何打席かしかないので楽しみたいです」

 強打者さながらのフェースガード付きのヘルメットで登場した。「ひと笑い取れたらと思って」。チームのバットを使う投手も多い中で「軽くて振りやすい」と同期の牧原モデルを発注。交流戦前から積極的に練習した。今季は筋力強化で球速が上がったが、打撃も「すごく飛ぶようになった」と笑顔。投打でチームの勢いを加速させた。

 「交流戦はまだ続くので一戦一戦頑張ります」

 チームは直近のリーグ戦で3連敗。首位から3位に転落していたが、過去7度優勝、207勝121敗12分けで最高勝率・631を誇る得意の交流戦で息を吹き返した。開幕4連勝でパ・リーグの単独首位にも立ち、セの王者には日本シリーズから5連勝だ。 (安藤理)

★2018年日本シリーズVTR

 広島とソフトバンクが日本シリーズで初めて対戦した。マツダスタジアムでの第1戦は引き分け、第2戦は広島が先勝。ヤフオクドームに舞台を移し、第3、4戦に勝利したソフトバンクは第5戦で延長十回に柳田がサヨナラ本塁打。マツダスタジアムでの第6戦も制し、通算4勝1敗1分けで2年連続の日本一。日本シリーズ新記録となる6連続盗塁阻止のソフトバンク・甲斐が、育成出身選手では初のMVPに輝いた。

データBOX

 ◎…ソフトバンクが交流戦開幕4連勝。チーム記録は2011年の10連勝(2分けを挟む)で、引き分けを挟まない場合は昨年の6連勝。交流戦開幕連勝記録は2007年の日本ハムの12連勝

試合結果へ

PR