ロッテ・ボルシンガー「自分のできる仕事はできたんじゃないか」 1カ月以上白星なし - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ロッテ・ボルシンガー「自分のできる仕事はできたんじゃないか」 1カ月以上白星なし

更新

 ロッテのマイク・ボルシンガー投手(31)が25日、ソフトバンク11回戦で今季8度目の先発。六回途中5安打3失点、5奪三振の粘投も、4月20日(日本ハム戦)以来となる2勝目を手にすることはできなかった。

<< 下に続く >>

 「自分のできる仕事はできたんじゃないか。変化球、ストレートともに良かった」

 一回先頭に四球から、いきなり1死二塁のピンチを招いたが、前日4安打のグラシアル、同2本塁打のデスパイネを続けて内角の直球で見逃し三振に仕留め、無失点で切り抜けた。

 三回に釜元にソロ本塁打を浴びたが、打線が追加点を奪えない中、粘りの投球を展開。しかし、球数が100球に迫った六回、遊撃への内野安打と平沢の一塁への悪送球をきっかけに、1死三塁から福田の二塁への内野安打で同点。さらに二盗を許し、捕手・吉田の二塁送球を平沢が後逸(記録は吉田の悪送球)し、1死三塁となり、甲斐のスクイズが一塁線上で止まる内野安打となり逆転を許した。ここで右腕は無念の104球でマウンドを降りた。

 昨季来日1年目でチームトップ13勝を挙げたボルシンガーは、11日に敵地で対戦した同カードでも黒星を喫したが、6回3失点8奪三振の力投。18日の楽天戦での前回登板も6回1失点と好投を続けながらも、1カ月以上勝ち星から見放されている。

試合結果へ

PR