【若松勉 芯打ち登場】広島打線、存分に持ち味を発揮 リーグ4連覇は十分ありえる - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【若松勉 芯打ち登場】広島打線、存分に持ち味を発揮 リーグ4連覇は十分ありえる

更新

2回、同点本塁打を放つ広島・鈴木=東京ドーム(撮影・中井誠)  (セ・リーグ、巨人3-8広島、9回戦、広島5勝3敗1分、24日、東京D)広島打線が存分に持ち味を発揮した。バティスタ、鈴木と、ミスショットの少ない主軸の打撃だけではない。野間が七回2死三塁で成功させたセーフティースクイズのように、打てそうにないときは、なんとか得点につながる方策を見いだす。四回には死球で出塁した鈴木が、すかさず二盗を決めて、その後に生還。一発あり。小技あり。足も使う。実に“芸達者”ぞろいだ。

<< 下に続く >>

 ベンチもさえている。七回、一岡が中島の頭部付近に死球を与え、1死一、二塁のピンチを残して降板すると、左の田中俊に右腕の九里、右の坂本勇に左腕のフランスア。右と左の兼ね合いではなく、最も怖い坂本勇に、最も力のある球を投げるフランスアをぶつける。緊急事態によるスクランブルリレーの中で、ズバリの勝負勘だった。

 今年もいける-。最大借金「8」からの巻き返しで、逆に、チーム全体が自信を深めたように思う。この戦い方を続ければ、リーグ4連覇は十分ありえる。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

PR