DeNA伊藤光が2度の股間直撃 ラミレス監督「本当に悪いところに…」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

DeNA伊藤光が2度の股間直撃 ラミレス監督「本当に悪いところに…」

更新

4回、巨人無死一塁、亀井が右中間に先制三塁打を放つ。捕手伊藤光=東京ドーム  DeNAは23日の巨人戦(東京ドーム)に4-7と敗れ連勝が4で止まった。

<< 下に続く >>

 先発マスクを被った伊藤光捕手が三回の守備の前に、投球練習中だった大貫の球をワンバウンドで股間に当て悶絶。さらに四回には、田中俊のファウルが同じ箇所に直撃し、治療のためベンチ裏に下がった。再びグラウンドに戻り守備についてが結局、五回の守備から嶺井に交代した。

 ラミレス監督は「2回とも本当に悪いところに当たってしまった。特に2回目は本当に痛そうで、彼は頑張っていたがグラウンドに戻すのもかわいそうだったぐらい」と、大事をとっての交代だったことを説明。「明日はまた先発に戻ることができると思う」と期待した。

PR