巨人・高橋、プロ最短の4回で降板 5安打3失点に「粘りきれなかった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

巨人・高橋、プロ最短の4回で降板 5安打3失点に「粘りきれなかった」

更新

4回、宮本コーチに励まされる巨人・高橋=東京ドーム(撮影・今野顕)  巨人のドラフト1位・高橋優貴投手(22)=八戸学院大=が22日、DeNA9回戦(東京ドーム)に先発。プロ入り後、最短となる4回5安打3失点で降板した。

<< 下に続く >>

 「全体的に球が高かった。そこを修正できなかった。粘らなければいけないところで、粘りきれなかったです」

 一回、ソトに先制の左越え2ランを被弾。四回は先頭・筒香に四球を与えると、2死一、二塁から伊藤に右前適時打を浴びた。

 前日21日にはエース・菅野が腰の違和感を訴え、出場選手登録を抹消された。エース不在の中、先発として役割を果たしたかったが、試合を作ることができなかった。

PR