オリックス、ブラック惨デー8戦勝ちなし 7年ぶり18戦連続1桁安打 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

オリックス、ブラック惨デー8戦勝ちなし 7年ぶり18戦連続1桁安打

更新

七回、4番手の小林が森に満塁弾を浴びてジ・エンド。まだ日曜日は今季、勝ちがない…  (パ・リーグ、オリックス3-9西武、9回戦、西武6勝3敗、19日、京セラ)オリックスは3-9で西武に大敗。西村監督は、厳しい表情で会見場に現れた。

<< 下に続く >>

 「あそこ(七回)、(山崎)福也を続投させて、きょうは自分の責任。粘ってはほしかったですけどね…」

 2-3と1点差の七回も、六回から登板していた3番手の山崎福がマウンドへ。だが、1死二、三塁とピンチを招き、降板。その後、4番手の小林が森に満塁弾を浴び、リードを広げられた。

 打線も5安打止まり。2012年以来、7年ぶりとなる18試合連続1桁安打という低調ぶり。日曜日も今季8戦目で7敗1分けと、12球団でいまだに白星がない。

 指揮官は「点を取らないと。日曜日だけでなく、他のところでもしっかりやっていかないといけない」と指摘。「投手のところを考えないといけない」と入れ替えを示唆し、試合後、来日初先発で3回2/3を3失点のエップラーと張奕の2軍降格が決まった。25日の楽天戦(楽天生命パーク)に先発する成瀬と比嘉が、21日から1軍に合流することとなった。(西垣戸理大)

試合結果へ

PR