ロッテ・井口監督、連敗におかんむり 楽天3、4番に連続被弾で「同じ選手に打たれている」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ロッテ・井口監督、連敗におかんむり 楽天3、4番に連続被弾で「同じ選手に打たれている」

更新

7回、楽天・浅村から本塁打を浴びるロッテ・松永=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)  ロッテは19日、楽天9回戦(ZOZOマリン)に5-9で逆転負け。連敗で貯金がなくなり、日本ハムと並ぶ3位に後退した。

<< 下に続く >>

 5-5の七回、2番手で登板した松永が、2死から楽天の3番・浅村、4番・ウィーラーに連続本塁打を浴び、勝ち越しを許した。

 前日18日の試合でも、1点リードの八回に3番手の唐川が、3番・浅村に同点2ラン、4番・島内にも勝ち越し弾と2者連続の本塁打を浴び、敗戦。頼みの救援陣が2日続けて終盤に相手3、4番に連発を許した状況に、井口監督は「バッテリーがあとを急いでいるのか。同じ選手に打たれているので、次回やるときはしっかりいってほしい」と改善を求めた。

 今季開幕投手を務めた先発の石川も2度のリードを守れず、6回6安打5失点で降板し「毎回こういう形にしてしまい、チームに申し訳ないです」と言葉は少なかった。指揮官も「球自体はだいぶ力強くなってきたが、まだまだゲームをつくれていないので、もう少しビシっといってほしい」と言及。また、二回2死満塁のチャンスで二塁走者の岡が牽制(けんせい)死した走塁に関しても「ああいうところが、大量点にいけないところ」と苦言を呈した。

試合結果へ

PR