ロッテ、2死満塁同点チャンスで岡がけん制死 リクエストも判定覆らず - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ロッテ、2死満塁同点チャンスで岡がけん制死 リクエストも判定覆らず

更新

 ロッテは19日、楽天9回戦(ZOZOマリン)の2-4で迎えた二回、3つの四球で2死満塁のチャンスをつくったが、2番・鈴木が3ボール2ストライクとなったところで、二塁走者の岡大海外野手(27)がけん制死となり、無得点で終わった。

<< 下に続く >>

 2死満塁フルカウントとなり、全走者が投球と同時にスタートを切る場面で、楽天先発・福井が二塁へけん制球。頭から滑り込んだ岡に、二塁ベースに入った茂木がタッチし、際どいタイミングでアウトの判定。ロッテ・井口監督のリクエストがあったが、リプレー検証の結果、判定は覆らず、本拠地・ZOZOマリンスタジアムのファンから大きなため息がもれた。

PR