楽天・堀内、今季初打席で適時打「ストライクは何でも振るつもりだった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

楽天・堀内、今季初打席で適時打「ストライクは何でも振るつもりだった」

更新

2回、同点の2点二塁打を放つ楽天・堀内=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)  (パ・リーグ、ロッテ5-10楽天、9回戦、ロッテ5勝4敗、19日、ゾゾマリン)楽天の堀内が今季初出場し、二回の今季初打席で同点の2点打を放った。1死満塁で石川のシンカーを中前に運び「ストライクは何でも振るつもりだった」という必死さが好結果につながった。

<< 下に続く >>

 先発マスクをかぶり、制球が定まらない福井を苦心してリードし、チームの勝利に貢献した。それでもレアードに2打席連続で一発を許し「2本目の本塁打は余計だった。しっかり注意していれば防げた」と反省も忘れなかった。

試合結果へ

PR