【エモやんの舌好調】資質を感じる巨人・メルセデス、不調菅野に代わる投手陣の柱に - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【エモやんの舌好調】資質を感じる巨人・メルセデス、不調菅野に代わる投手陣の柱に

更新

4勝目を挙げ、声援に応える巨人・メルセデス=ナゴヤドーム  (セ・リーグ、中日1-5巨人、7回戦、巨人5勝2敗、18日、ナゴヤD)不調の菅野に代わり、投手陣の柱になれるか。十分、その資質はある。メルセデスだよ。

<< 下に続く >>

 投手の基本である、コントロールが何よりの持ち味。投げた後、下半身がグラつくことなく、両足がピタッと着地する。安定したフォームが、安定した制球を生んでいる。

 ストレートと変化球、どちらでもカウントを稼げるし、打ち取ることもできる。これだけの制球力があると、組み立ても楽というもの。

 引っ張りにかかっている打者には、外角から入る。スイングが遅れ気味で合わせてくる打者には、内角から。自在なコンビネーションだね。

 課題は完投能力。そこが向上すれば、信頼度はがぜん、アップする。昨季は13試合に登板して、2完投。もっと増やせれば、菅野に復活への時間を、じっくり与えることにもなるんだ。

 この日は7回、112球で降板した。原監督には、中川→沢村の勝ちパターンを早く確立したいという思惑もあったんだろうけど、メルセデスの完投能力を磨くことも、重要だと思うよ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

PR