ロッテ ボルシンガー6回1失点好投も 1カ月ぶり2勝目ならず「感触はよかった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ロッテ ボルシンガー6回1失点好投も 1カ月ぶり2勝目ならず「感触はよかった」

更新

 ロッテのマイク・ボルシンガー投手(31)が18日、楽天8回戦(ZOZOマリン)で、今季7度目の先発。6回を3安打1失点、5奪三振の好投を見せたが、八回に3番手の唐川が逆転を許し、4月20日の日本ハム戦(ZOZOマリン)以来、約1カ月ぶりとなる2勝目を逃した。

<< 下に続く >>

 「6回を自分のリズムでしっかりとピッチングできたことはよかった。感触もよかったよ」

 楽天とは早くも今季3度目の対戦。過去2回は本拠地と敵地でいずれも4回1/3を5失点で降板していた。

 序盤から4点の援護を受けたこの日は、切れのあるカーブを武器に五回まで無失点。六回に2死から5番・ウィーラーに左中間へソロを浴びたが、続く銀次をきっちり左飛に打ち取り、92球で勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

 しかし八回、唐川が3番手でマウンドに上がったが、先頭の二塁へのゴロを中村奨が失策。続く藤田の左中間への適時二塁打で2点差に迫られると、3番・浅村の2ランで同点。4番・島内の右翼席への2者連発で逆転された。

PR