西武、オリ・K-鈴木にプロ初勝利許す 辻監督もたたえる「制球いいし大したもの」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

西武、オリ・K-鈴木にプロ初勝利許す 辻監督もたたえる「制球いいし大したもの」

更新

先発の西武・今井=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)  (パ・リーグ、オリックス2-1西武、8回戦、西武5勝3敗、18日、京セラ)西武はK-鈴木を攻めきれずプロ初勝利を許した。一回に2四球から森の適時打で先制したが、なお2死一、三塁で栗山が一ゴロに倒れると、その後は毎回走者を出しながら得点できなかった。辻監督は「あれよあれよといかれた。でも制球がいいし大したもの」と相手をたたえた。

<< 下に続く >>

 19日はドラフト1位ルーキー松本航が先発でプロ初登板する。辻監督は気持ちを切り替え「やっとこの世界でのスタートを切る。今できることを精いっぱいやってくれたらいい」と期待した。

試合結果へ

PR