ロッテ・レアード、7戦ぶり14号「すしが恋しくて、恋しくて待ち焦がれたよ」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ロッテ・レアード、7戦ぶり14号「すしが恋しくて、恋しくて待ち焦がれたよ」

更新

2回 ソロ本塁打を放ち釣りポーズをするロッテ・レアード=ZOZOマリンスタジアム (撮影・戸加里真司)                          (パ・リーグ、ロッテ6-1楽天、7回戦、ロッテ5勝2敗、17日、ゾゾマリン)ロッテのレアードが7試合ぶりの14号ソロを放ち勝利に貢献した。1-0の二回、先頭打者で2ボール2ストライクから美馬のフォークボールを捉え、左翼席中段へ運んだ。恒例のすしを握るポーズを披露し「すしが恋しくて、恋しくて待ち焦がれたよ」とご満悦だった。

<< 下に続く >>

 来日5年目に日本ハムから移籍し、開幕から好調を維持して打率3割1分9厘。お立ち台で「自分の仕事をしていくだけ。ますます頑張っていく」と頼もしく言い切った。

井口監督(2位タイに浮上し)「二木が強気の投球をしてくれた。順位は関係なく、自分たちの野球をやっていく」

荻野(四回に銀次の中飛を好捕して併殺を完成)「左打者だったので、少し左中間に寄っていた。いけるかなと思って飛び込んだ」

試合結果へ

PR