【球界ここだけの話(1624)】ヤクルト・高梨、日本ハムから移籍し大きな変化に挑戦 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【球界ここだけの話(1624)】ヤクルト・高梨、日本ハムから移籍し大きな変化に挑戦

更新

勝ってファンの声援に応えるヤクルト・高梨  環境が大きく変わったことを進化の糧としている。ヤクルト・高梨裕稔投手(27)はこのオフに日本ハムからトレードで加入。“職場”は北海道から東京に変わった。新しい“同僚”の輪に加わってなじみ、仕事をしていくことはどんな世界でも容易ではないことは想像できる。それでも高梨は1つの信念を持ってヤクルトに移籍したという。

<< 下に続く >>

 「ファイターズで過ごしてきた2、3年はやってきたことを大きく変えずにやってきた。でも納得できるような投球がなかなかできなかったので移籍をきっかけに思い切っていろんなことを試してやってみようと思ってました」

 確かに移籍後の右腕は今まで取り組んできたことを大きく変えてきた。春季キャンプ中には田畑投手コーチの助言で、上体がホーム側へつっこまいように左脚を上げる際に捕手から一度目線を切るフォームに変え、オープン戦が始まるとプロの投手では珍しく登板前日にブルペンに入るルーテンにした。「躊躇(ちゅうちょ)はまったくなかったです。いろんなことにチャレンジして駄目だったら切り捨てればいいという考えもあったので。いえないですけれど、実際、他にもたくさん試したことはあるんです」と新しいチームメートやコーチらと意見交換し、さまざまなことを吸収しているという。

 ナックルカーブを得意とする五十嵐からはカーブについて助言を受け「スピンのかけかたを教えてもらって試合の中で感覚もよくなってきた。五十嵐さんからも『投げる度によくなってるね』といってもらって自信を持って投げられています」と感謝していた。

 12日の母の日には巨人戦(東京ドーム)で先発し5回1失点で4勝目を挙げた。「セ・リーグに移籍して、関東での試合が多くなるので喜んでいました」という両親が見守る前で白星を届け最高の親孝行も見せた。移籍を前向きに捉え、進化を続ける高梨が先発陣を引っ張っている。(横山尚杜)

PR