阪神・才木、5回5失点で今季初黒星 2つバント失敗で流れ呼び込めず - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神・才木、5回5失点で今季初黒星 2つバント失敗で流れ呼び込めず

更新

5回、ビシエドの打球が当たる阪神・才木=甲子園球場(撮影・松永渉平)  阪神・才木浩人投手が12日の中日戦(甲子園)に先発し、5回8安打5失点で今季初黒星。打席では2つのバント失敗で、攻守に勝利を呼び込めなかった。

<< 下に続く >>

 「最初から攻め切れていないというか、大事に大事にいきすぎて自分のいいところを出せませんでした」

 リーグ屈指の強力竜打線に立ち上がりからつかまった。一回に2安打2四球でいきなり2失点。味方がすぐさま同点に追いついてくれた後の二回にも大島の左中間への適時三塁打で勝ち越しを許すなど、粘れなかった。

 2-3とされた直後の二回無死一塁で打席に入り、バントのサインが出た。初球をキャッチャー後方に高々と打ち上げ、ファウル。2球目は何とか転がしたが、投手の正面に…。走者を進めることができず、1死一塁としてしまった。

 さらに四回1死一、二塁では打球を3球連続でフェアゾーンに転がすことができず、スリーバント失敗。「流れを止めてしまった。守備でも攻撃でもチームに迷惑をかけてしまったので、本当に申し訳ないです」と反省しきりだった。

PR