中日・笠原、不整脈の治療に成功 復帰まで1カ月と診断 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

中日・笠原、不整脈の治療に成功 復帰まで1カ月と診断

更新

 中日は11日、不整脈の症状が出ていた笠原祥太郎投手(24)が10日に名古屋市内の病院で精密検査を受けて「発作性上室性頻拍」と診断されたと発表した。不整脈の原因も特定されたため、検査後にカテーテルアブレーション治療を行った。笠原は13日に退院予定。試合復帰まで約1カ月かかる見込み。

<< 下に続く >>

 加藤球団代表は「(異常部分を)消滅させたと。不整脈の中でも心配しなくていい状態(レベル)だった。完治したと聞いている」と説明。

 笠原はプロ入り3年目の今季、初めて開幕投手を務め、ここまで4試合に登板して2勝0敗、防御率2・75。4月27日の阪神戦(ナゴヤドーム)での先発を直前に回避していた。

PR