【若松勉 芯打ち登場】二回の拙攻痛かったヤクルト - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【若松勉 芯打ち登場】二回の拙攻痛かったヤクルト

更新

七回2死満塁で左飛に倒れた山田哲は、顔をしかめた (撮影・長尾みなみ)  (セ・リーグ、ヤクルト1-3阪神、8回戦、阪神4勝3敗1分、7日、神宮)二回の拙攻が痛かった。1点を先制して1死満塁。原の三振は仕方ないが、荒木が遊ゴロ併殺打でチェンジ。ここで犠牲フライがほしかった。阪神には島本、藤川、ジョンソン、ドリスと後ろにいい投手がいるから、先発投手から、早めにできるだけ多くの点を取っていかないといけない。

<< 下に続く >>

 七回にも2死満塁のチャンスがあったが、山田哲が左飛に倒れた。タイミングが合っていないし、内角のボール球を振っている。少しボール球に手を出しすぎだ。4番のバレンティンが故障で離脱してしまったが、打線は全員の力でよく頑張っている。いないならいないで、小川監督とコーチ陣でやりくりして、どれだけうまく使っていくかだろう。

 原は6回2失点と粘ったが、追いこんでからの球がはっきりとしたボール球で、相手打者に見送られ、球数が多くなった。抑えの石山も故障で抹消されてしまったので、今後は先発がどれだけ長いイニングを投げられるかが、鍵を握ってくる。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

PR