阪神・福留がバックスクリーンへ2号3ラン「いい形でとらえるころができました」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神・福留がバックスクリーンへ2号3ラン「いい形でとらえるころができました」

更新

5回、三点本塁打を放つ阪神・福留=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)  阪神・福留孝介外野手(41)が23日、DeNA戦(横浜)で2号3ラン。DeNA先発のD1位・上茶谷大河投手(23)=東洋大=をKOした。

<< 下に続く >>

 3-0の五回、阪神はエラーと四球で走者を出し、2死一、二塁として福留が打席へ。すると初球、真ん中の143キロを強振しバックスクリーンへ運んだ。6日広島戦(マツダ)以来となる今季2発目は、4試合ぶりの勝利を引き寄せる3ラン。「打ったのはストレート。青柳もいい投球を続けてくれていたので、チャンスで1点でも多く追加点をと思っていました。いい形でとらえることができました」とコメントした。続く梅野が中前打を放ったところで、上茶谷は降板した。

試合速報へ

PR