【なるべく週刊エモト】阪神はこのままだと最下位街道 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【なるべく週刊エモト】阪神はこのままだと最下位街道

更新

阪神・矢野監督  サンケイスポーツ専属評論家の江本孟紀氏(71)が、単独最下位に沈んだ阪神の現状を緊急分析。「昨年も最下位だったという認識が薄い」と苦言を呈し、「改善すべき点に気付いていない」と、伸び悩む若手らの欠点を列挙した。 (構成・内井義隆)

<< 下に続く >>

 ――甲子園での巨人戦(19-21日)で、阪神をたっぷりと…

 「見てきたよ。というより、見せられた。最下位に沈む瞬間を、ね。へたをすると、このまま最下位街道だぞ。どうせ誰も、ろくすっぽ検証しないまま、戦い続けるんだろうから、エモトが代わりにビシッと言う」

 ――はい

 「まず、昨年最下位だったという認識が薄い。実力がないからそうなったのに、最下位は何かの間違い…とでも思っているのかね。キャンプからずっと、現場もフロントも、どこか上から目線。下から巻き返すという謙虚さが、ない」

 ――そうでしたか

 「だから、投打とも依然、主戦はベテラン頼み。若手の個々のレベルが上がってこない」

 ――そこを詳しくお願いします

 「ピッチャーでは、年齢的にも下り坂のメッセンジャーと、いわば完成品としてFAで加わった西以外、コレといって育っていない。投げた後、下半身がグラグラしているやつばかりだ」

 ――グラグラ…

 「打線でもいまだに、福留と糸井が中心。期待され続けている大山、北條にしても、欠点が改善されていない。それは打撃フォームよ。アッパースイングで、なんでもかんでも振りにいって、外角のボールを追いかける。膝が折れすぎて、軸回転できない」

 ――折れすぎ…

 「巨人の岡本も、実は右膝がホームベース寄りに折れて、軸回転できなかった。それが分かっていたから、フォームを修正した。いま4番にいるのは、使ってもらったから…だけではない。結局は本人の努力なんだ。阪神も、そこに気付かないと、若手の主軸は育ってこないぞ」

 ――なるほど

 「エモトは今季、阪神を4位と予想した。昨年から2ランクも上げてやったのに、いまだにお礼がない。それどころか、また最下位の危機。あれだけ来てくれる客のためにも、このままではいかん! よく考え、努力し、奮起しなさい」

PR