興南、昨秋の雪辱果たす 筑陽学園に快勝/春季九州大会 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

興南、昨秋の雪辱果たす 筑陽学園に快勝/春季九州大会

更新

 高校野球の春季九州大会(第144回九州大会)第3日は22日、鹿児島市の平和リース球場などで準々決勝4試合が行われ、興南(沖縄)は昨秋の九州大会準々決勝で惜敗した筑陽学園(福岡)に6-1で勝った。

<< 下に続く >>

 興南が筑陽学園に雪辱した。0-1の六回無死三塁とされ、我喜屋監督は「ここで1点取られたら相手のペースになると思った。ツーストライクになって決断した」と、先発又吉からエース左腕の宮城に交代。無失点でしのぎ、根路銘の3点ランニング本塁打での逆転につなげた。

 宮城は剛速球と切れ味鋭い変化球を駆使し、4回で8三振を奪い、無安打無失点。昨秋はタイブレークの末延長十三回サヨナラ負けで涙をのみ「学んだことが多くて成長につながった」と話す。大きな借りを返して18季ぶりの優勝へ前進した。

PR