西短、選抜4強に完勝 監督「すごいことになってしまった」/春季九州大会 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

西短、選抜4強に完勝 監督「すごいことになってしまった」/春季九州大会

更新

 高校野球の春季九州大会(第144回九州大会)第3日は22日、鹿児島市の平和リース球場などで準々決勝4試合が行われ、西日本短大付(福岡)が選抜大会4強の明豊(大分)を7-0の七回コールドゲームで破った。

<< 下に続く >>

 西日本短大付は投打がかみ合い、選抜4強の明豊に完勝。競り合いを想定していた西村監督は「すごいことになってしまった」と驚きながらも口角を上げた。

 2回戦で完封したバッテリーが再び輝いた。江崎は低めの変化球を中心に、丁寧にコースを突いて強打線を相手に7安打で2戦連続完封。捕手の神宮は1-0の五回「1本打ったら流れが来ると思った」と中越えの2点二塁打で援護した。強敵を倒し、65季ぶりの頂点へ大きく視界が開けた。

PR