平野、’19初勝利!同点の七回途中から登板し無失点ピッチ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

平野、’19初勝利!同点の七回途中から登板し無失点ピッチ

更新

打者をにらみつけて投げ込む平野。今季初白星を手にした(ゲッティ=共同)  ブレーブス6-9ダイヤモンドバックス(16日、アトランタ)ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手(35)はブレーブス戦で6-6の七回途中から登板し、1回1/3を1安打無失点、1三振の好救援で今季初勝利(1敗)を挙げた。試合は9-6だった。

<< 下に続く >>

 「最終的に勝てたので、きょうに関しては運があったのかな」と平野は謙虚に喜んだ。同点の七回2死一塁で登板すると、5番カマルゴをフォークボールで空振り三振に封じた。

 八回は先頭に二塁打を浴びたが、続く打者の一直で二走が飛び出して併殺。この回3人で終え、直後の3点の勝ち越しにつなげ「気持ちを変えずに投げた。いい当たりだったけど、ゲッツーを取れてよかった」とほっとした表情を浮かべた。

 メジャー2年目の今季、開幕から昨季の安定感を欠いていた。「今日、結果を出したからといってどうこうならない。明日以降も同じようにやっていくだけ」。8勝9敗と勝率5割に迫ったチームとともに浮上を狙う。(共同)

ダイヤモンドバックス・ロブロ監督「難しい場面で素晴らしい仕事をしてくれた。ボールも低めに集まっていた」

試合結果へ平野の成績へ

PR