矢野阪神、天と地の打力差でGに大敗…これが本当の実力なのか - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

矢野阪神、天と地の打力差でGに大敗…これが本当の実力なのか

更新

ベンチで渋い表情を浮かべる矢野監督。今季最初の伝統の一戦を落とした(撮影・荒木孝雄)  (セ・リーグ、巨人9-3阪神、1回戦、巨人1勝、2日、東京D)打線、奮起してくれ!! 阪神は巨人との今シーズン最初の伝統の一戦で3-9と大敗した。開幕から4試合のチーム打率は・284の巨人に対し、虎は・161と打線が沈黙したまま。矢野燿大監督(50)は「巨人が強いな、という感じで負けたと思っていない」と強気だったが、打力の差をいきなり見せつけられた形だ。

<< 下に続く >>

 相手の力ばかりを際立たせた「平成最後の東京ドームシリーズ」初戦だった。真っ向勝負を挑もうとした矢野監督だったが、まさかの大敗。改めて巨人の強さを感じたかと問われたが、首を横に振った。

 「強さというよりはきょうはね、うちがちょっと。強さでやられた感じではないよね。うちの力が出せなかったという負けだけで。別に巨人が強いな、という感じで負けたなとは思っていない」

 強気は崩さない。まだ始まったばかりのここで、巨人は強い、参った、などと虎将が思うわけがない。だが、壮大できらびやかな本拠地開幕セレモニーに始まり、長嶋茂雄終身名誉監督も来場しての、尋常でない盛り上がりのまま試合に突入。そのまま大差をつけられるまで何もできなかったことは事実だった。

 Gの打者は痛烈な打球でボコッとフェンスにブチ当て、サクの向こうへも2本突き刺し、12安打で9点。かたや6安打の阪神は、開幕4戦目で最も多い3点を奪うのが精いっぱいだった。

 オープン戦で12球団最多の22安打を放ち、開幕から「1番・遊撃」を託されてきたD3位・木浪聖也内野手(ホンダ)は3打席凡退。14打席無安打とトンネルから抜け出せず、五回の守備で北條に代わって退いた。一方、巨人の1番・吉川尚は3安打。チームに勢いをもたらし、きっちり役割を果たした。

 4番にも差が出た。大山は3打数無安打1死球。一回2死二塁で空振り三振に倒れると、0-2の三回2死一塁では左翼フェンス手前への大飛球で天を仰いだ。今季の得点圏打率はまだ「・000」だ。一方、巨人の4番・岡本は大山が“同点弾”を逃したその裏、三回1死二、三塁で左中間フェンス直撃の2点二塁打。5点のビッグイニングを作る原動力となった。助っ人もナバーロが打率・200で巨人・ゲレーロが・583と大きな差がある。

 巨人のチーム打率・284に対し、阪神は・161。得点圏打率も・242と・120で勝負になっていない。

 0-7とされた直後、四回の攻撃前には清水ヘッドが円陣で語気を強めた。「このまま終わってしまったら、最下位になった去年と同じになってしまう。ファンを喜ばせるにはどうしたらいいか」。六回に3点を奪い返した。ヤクルト3連戦は投手力が際立ち、ロースコアのゲームを2勝1敗と勝ち越した。だがこのままでは、特に巨人打線相手には、投手力だけでは勝っていけない。

 矢野監督も「明日勝つことに全力を尽くしていく。まあでも10対0で負けようが1対0で負けようが、1敗は1敗」と、強い言葉をしぼり出した。Gにこそ、打って勝つ。「令和」へと弾みをつける、今カード残り2戦とする。 (長友孝輔)

3打数無安打で、開幕から14打席安打なしの阪神・木浪「仕方ない。実力不足です。(次戦は)開き直っていこうかなと思います」

3打数無安打で、2試合連続で快音なしの阪神・大山「頑張ります」

試合結果へ

PR