張本勲氏、イチロー起用を仰木監督に進言「右足を上げようが上げまいが関係ない」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

張本勲氏、イチロー起用を仰木監督に進言「右足を上げようが上げまいが関係ない」

更新

張本勲氏  野球評論家の張本勲氏(78)が24日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に生出演。日米通算4367安打を放って米大リーグ、マリナーズで現役引退を表明したイチロー元選手(45)との秘話を明かした。

<< 下に続く >>

 張本氏は「ご苦労さん、ありがとう、一時期はアメリカ野球を引きずり回したんだから」とねぎらい、イチロー元選手の終身打率が.322と紹介されると「これば驚異的な数字ですよ。一時的な数字じゃないですから、びっくりするしかない」と称賛した。

 また、イチロー元選手のオリックス在籍時代、当時の仰木彬監督から「(2軍から上がってきた選手に)いいバッターいるから見てくれ」と言われ、確認した選手がイチロー元選手だったという。

 張本氏はイチロー元選手の才能を見抜き「すごくいいバッターをなんで2軍に落としたんですか?」と聞いたところ、仰木監督は「右の足を上げるから」と返答。「上げようが上げまいが(関係ない)」と、起用を進言したエピソードを語った。

 日本プロ野球で3085安打の記録を持つ張本氏は「日本の記録は私が一番だから。日米では(イチローに)抜かれただけだから。それはしっかり言っておかないとね」と冗談交じりに念押しした。

PR