“東洋大三羽がらす”卒業式で決意、甲斐野がイチローさんのように「偉大な人に」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

“東洋大三羽がらす”卒業式で決意、甲斐野がイチローさんのように「偉大な人に」

更新

東洋大の卒業式でチームメートと笑顔を見せる中日D2位・梅津(前から2列目、左から2人目)、DeNAD1位・上茶谷(同、左から3人目)、ソフトバンク1位・甲斐野(同、左から3人目)=日本武道館(撮影・浜浦日向)  DeNAのドラフト1位・上茶谷大河投手(22)、ソフトバンクの同1位・甲斐野央投手(22)、中日の同2位・梅津晃大投手(22)が23日、東京・北の丸公園の日本武道館で行われた東洋大の卒業式に出席した。

<< 下に続く >>

 「この東洋大学を卒業できたことを誇りに思います」と話した甲斐野は、21日深夜に行われた元米大リーグ・マリナーズのイチローの引退会見をテレビで見ていたといい、「改めてすごい方だと思った。あそこまでとは言えないですけど、自分の色を出して、偉大な人になりたい」と決意を新たにした。

 同じく梅津も「イチローさんのように、引退するときに、ファンから愛されていることが伝わるような選手になりたい」と話し、上茶谷は「1年でも長く活躍できるように、40歳とかそれくらいまでやれる選手になりたい」と誓った。

 上茶谷、甲斐野は開幕1軍が内定、右肩のけがで出遅れた梅津は2軍で練習を続けている。久々の再会となった3人だが、無料通信アプリ・LINEで連絡を取り合っているといい、甲斐野は「3人のグループがあって、ぼくと上茶谷が野球の話をしていると、梅津がいい加減にしろって突っ込んできます。いい仲間に出会えてよかったです」と笑顔で明かした。

 4年間の思い出には、3人そろって東都大学野球リーグでの優勝を挙げた。報道陣の前では少し硬かった表情も、会場の外で4年間をともに過ごしたチームメートと合流すると、一気に笑顔がはじけた。「プロ野球選手という職業は、応援してくださる方の大きさも人数も全然違う。子どもたちが夢見てくれる職業でもあるので、そういう夢を与えられるようになりたい」と梅津。学生時代に得たたくさんの経験を胸に、新社会人としての一歩を踏み出す。

PR