雄星、憧れの人の胸で号泣…レジェンド去る日に第一歩 イチロー「頑張れよ」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

雄星、憧れの人の胸で号泣…レジェンド去る日に第一歩 イチロー「頑張れよ」

更新

菊池は八回に交代を告げられてベンチへ戻ってきたイチロー(中央)に抱きついた(撮影・福島範和)  アスレチックス4-5マリナーズ=延長十二回(21日、東京D)西武からポスティングシステムでマリナーズに移籍した菊池雄星投手(27)は21日、アスレチックスとの開幕2戦目に先発し、大リーグデビューを飾った。日本投手の日本でのメジャー初登板は史上初。4回2/3を投げ、4安打2失点(自責点1)とまずまずの内容にまとめたが勝敗は付かなかった。最初で最後の“共演”となったイチロー外野手(45)の交代時には、惜別の涙を見せた。

<< 下に続く >>

 あふれる涙をこらえられなかった。三塁ベンチ前。菊池は「頑張れよ」と声を掛けられ、憧れの人の胸でむせび泣いた。

 「幸せな時間でした。イチローさんは日本で(開幕戦を)やることをギフトと言っていましたが、僕にとってはイチローさんとプレーできた時間が最高のギフトでした」

 試合後の記者会見で熱い思いを表した。イチローの現役引退に関する質問が出ると言葉に詰まり、1分間ほど沈黙した。

 最初で最後の“共演”。岩手・花巻東高時代から目標にしてきたメジャーの舞台での初マウンドは、忘れられない思い出に彩られた。四回には昨季の本塁打王、デービスに150キロの直球を2球続け、最後はスライダーで三邪飛に仕留めた。次打者の右翼線へ切れる打球を捕ったイチローをベンチ前で迎え、拳とグラブを合わせた。

 高校1年時、花巻東高・佐々木監督と「高卒即メジャー」を誓った。3年秋にはメジャー8球団が面談に訪れたが、有望株の即メジャー挑戦に異論を唱える声が噴出。「日本の方、全員に認められてから世界に挑戦したい」と大粒の涙を流した。

 西武入団後、結果が出ず諦めかけたこともある。しかし、転機は15年秋。渡米してメジャーの試合を生観戦し「ここで野球をやらないと後悔する」と熱い思いをよみがえらせた。翌16年に初の2桁勝利。昨季は14勝でチームをリーグ優勝に導き“日本最強左腕”として有言実行を果たした。

 五回2死一、二塁から適時打を浴び、初勝利の権利獲得まで残り1アウトのところで途中降板。初登板勝利はならなかったが、スーパースターからバトンは確かに受け取った。笑顔に戻った「YUSEI」は「宿題として初勝利は必ず次の試合で挙げたい」と力強く誓った。 (花里雄太)

★岩手から応援団

 菊池のデビュー戦に、地元・岩手から約70人の応援団が訪れた。左翼ポール付近で菊池の母校、花巻東高のユニホームを思わせる紫色のジャンパーに身を包み、三振を奪うと「YUSEI」のボードを掲げて喜んだ。応援団長の小田島邦弘さん(74)は夢をかなえた菊池に「感動と夢を与えてくれた。岩手の誇りです」と感激の面持ち。「世界に名だたる左投手になってほしい。大谷との対戦も楽しみ」と、エンゼルスに所属する花巻東高の後輩との対決に期待した。

菊池 雄星(きくち・ゆうせい)

 1991(平成3)年6月17日生まれ、27歳。岩手県出身。花巻東高で甲子園に3度出場し、3年春に準優勝。高校生投手として史上最多6球団競合の末、2010年ドラフト1位で西武入団。17年8月3日の楽天戦(メットライフ)で当時の国内左腕最速の158キロを記録し、同年は最優秀防御率と最多勝の2冠に輝いた。昨季成績は23試合に登板し、14勝4敗、防御率3.08。通算は158試合で73勝46敗1S、防御率2.77。183センチ、88キロ。左投げ左打ち。既婚。今季年俸800万ドル(約8億8000万円)+出来高。背番号18。

試合結果へイチローの成績へ菊池の成績へ

PR