【コメント集】大谷、イチロー引退に「まだそんなに信じられていない」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【コメント集】大谷、イチロー引退に「まだそんなに信じられていない」

更新

試合終了後に再登場し、歓声に応えるマリナーズ・イチロー=東京ドーム  日米通算4367安打の大打者、米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(45)が21日、アスレチックスとの開幕第2戦後に東京都内で記者会見し、現役引退を表明した。メジャー19年目となるプロ28年目の今季、(修正前:キャンプで結果を出せずに決断したとし)キャンプでの不振で決断したとし、この日の試合で大歓声を受けたことに「あんなものを見せられたら後悔などあろうはずがありません」と語った。

<< 下に続く >>

 昨年5月に会長付特別補佐としてフロント入りした後、今年のキャンプで選手復帰した。だが、オープン戦から不振が続き、7年ぶりに日本で公式戦出場した20日の開幕戦でも1打数無安打で途中交代。21日の2戦目も4打数無安打だった。

 「日本でプレーするところまでが契約上の予定だったが、キャンプ終盤に結果を出せずに、それを覆すことができなかった。最低50歳まで(現役)と本当に思っていたし、有言不実行になってしまったけど、言わなかったら、ここまで来られなかった」と語った。

エンゼルスの大谷翔平選手の話「まだそんなに信じられていない。本当に引退するのかなという感じ。プレーするのは見られないが、(今後も)目標にしてやると思う。(1年前に)ご厚意でアドバイスをいただいた。すごく勉強になった」

ヤクルト・青木宣親外野手の話「ヒットを打って打率を残すタイプの打者としてイチローさんのようになりたかった。テレビで見ていたすごい選手。メジャーでプレーしているときはアドバイスをくれて、考えをシンプルにしてくれたし、自信を持たせてくれた」

巨人・上原浩治投手の話「長い間、お疲れさまでした。ほとんどけがなく、ずっとシーズンを全うしていた姿は、本当の一流選手なんだと改めて感じています。何度か対戦させていただいたことは自分にとって素晴らしい財産になっています。しばらくはゆっくり休んでください」

ロッテ・井口資仁監督の話「開幕前の巨人とマリナーズのプレシーズンゲームの解説をさせていただいた時に、東京ドームで直接、話をさせてもらいました。「体は元気だから」と話してくれていたのですが、残念です。米国で同じ時期にプレーさせてもらったのはいい経験でした」

ソフトバンク・内川聖一内野手の話「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、同じチームのユニホームでやらせてもらったのは宝物。あそこまで野球をやり切った人はいないのかなという気がする。何をとっても超が付く一流」

福良淳一前オリックス監督の話「ご苦労さん。寂しいけどゆっくりしてほしい。(45歳まで現役は)すごいこと。あいつにしかできないと思う。(若いころから)当てる技術もあったし、足もあった。200安打を打ってから、引っ張れるようになって力強さが出てきた。常に塁に出ていた」

稲葉篤紀日本代表監督の話「現役生活、本当にお疲れさま。今回の決断には正直驚いているが、イチ君のことなのでさまざまなことをさまざまな角度から考え、私たちには想像もつかないほどの思いと戦い、今回の決断に至ったと思う。野球を愛し、野球に愛された男の今後に誰もが期待を抱いていると思うが、この先もイチ君らしくイチ君の人生を歩んでほしい」

マリナーズOB・グリフィー氏の話「偉大な選手の引退は悲しいものだ。東京ドームのファンの前でイチローがプレーしたのを見られたのは、素晴らしかった」

マリナーズ・ゴードン選手の話「とても偉大な選手だった。一緒にプレーできて幸せだし、ありがとうと言いたい。イチローのこれからの人生にとても期待している」

PR