“二刀流男”黒沢尻工・菅原が石巻専大へ進学!3人の兄超え「神宮行く」/東北スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

“二刀流男”黒沢尻工・菅原が石巻専大へ進学!3人の兄超え「神宮行く」/東北スポーツ

更新

菅原は黒沢尻工でエース兼遊撃手の“二刀流”としてプレー。大学では聖地・神宮での活躍を狙う(撮影・井上幸治)  黒沢尻工(岩手)で、投手と遊撃手の“二刀流”で活躍した菅原大夢投手(3年)が、4月から南東北大学野球リーグの石巻専大へ進学する。3人の兄がいずれも甲子園に出場したが、自身は果たせず。それだけに大学では4兄弟初の“神宮出場”という目標を掲げ、内野手一本で勝負すると意気込んだ。

<< 下に続く >>

 兄たちが甲子園出場なら、自分は神宮だ。石巻専大に進む菅原が、新たな目標をぶち上げた。

 「自分だけ甲子園に行けなかったが、神宮(大学選手権、明治神宮大会)に行ければ、兄弟では自分だけ。兄たちを超えたい」

 決意の一文字「超」を色紙に記し、気持ちを込めた。父の守さんは仙台育英(宮城)OB。兄の甲子郎さん、利満さん、優輝さんはいずれも盛岡大付(岩手)で甲子園に出場した。菅原自身は昨夏、史上初となる4兄弟での甲子園出場を目指したが、岩手大会準々決勝で涙をのんだ。

 「負けたときは悔しさしかなかったが、甲子園が全てじゃない。悔しさを持てたのは今後にプラス。次の舞台で悔しさを晴らしたい」

 気持ちを切り替え、石巻専大への進学を選択。大学野球の聖地、神宮でのプレーを新しい目標に設定した。

 越えなければいけない壁もある。3番目の兄・優輝さんは、石巻専大と同じ南東北大学リーグで現在3季連続で優勝している東日本国際大の選手。「『俺らを倒さないと全国には行けないぞ』といわれた。兄を倒して自分が神宮へ行く」と菅原。これまで神宮でのプレー経験がない兄に先んじて、大舞台を狙う。

 高校時代は投手と遊撃手を務めた“二刀流”。だが、「元々が野手だったし、中途半端は嫌だった」と大学では野手に専念する。目指す選手は堅守と犠打で、巨人などで活躍した川相昌弘氏。「派手さはなくても、当たり前のプレーを当たり前にできる選手になりたい」と“一意専心”で勝負をかける。

 「1年春から定位置を奪うつもりで頑張りたい」。名前と同様に大きな夢を胸に、飛躍を目指す。 (井上幸治)

★元ソフト三浦氏のように「プロになりたい」

 菅原の大学卒業後の目標はプロ入りだ。滝沢いわてリトルシニアの先輩で、かつて岩手大から投手として入団した元ソフトバンクの三浦翔太氏(29)が“ご近所さん”だったことから「いろんな話を聞いて、プロになりたいという思いが強くなった」。高校野球引退後も練習を重ね、ベンチプレスの数値も85キロから97キロまでアップするなど着実に成長。4年後には兄弟初のプロ野球選手を目指す。

菅原 大夢(すがわら・ひろむ)

 2000(平成12)年5月8日生まれ、18歳。岩手・滝沢村(現滝沢市)出身。鵜飼小2年から青山スワローズで野球を始め、滝沢南中時代は滝沢いわてリトルシニアでプレー。黒沢尻工高では1年春から遊撃のレギュラーでベンチ入り。2年秋はエースとして東北大会出場。174センチ、77キロ。右投げ右打ち。家族は両親、兄3人、姉、妹。

PR