中日D1位・根尾、オープン戦初ヒット「少しホッとした。でも1本しか打てなかった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

中日D1位・根尾、オープン戦初ヒット「少しホッとした。でも1本しか打てなかった」

更新

1回、安打を放つ中日・根尾=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)  中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=が14日の西武戦(ナゴヤドーム)の第1打席でオープン戦初ヒットを放った。

<< 下に続く >>

 「2番・遊撃」で先発してフル出場した。一回1死走者なしの第1打席。西武・今井の150キロの直球をとらえると打球は三遊間をライナーで抜ける左前打となった。だが、四回は見逃し三振、六回は投ゴロ。八回無死一、二塁の好機で空振り三振に倒れて4打数1安打だった。

 根尾は「少しホッとしたし、自信になりました。でも、1本しか打てなかった。チャンスで打てなかった。もっともっと打ってアピールしなければならない。しっかり反省して次は絶対に(チャンスで)打ちたい」と反省のコメントが並んだ。

 根尾は前日13日の阪神戦(ナゴヤドーム)で1軍デビュー。七回の守備から遊撃で出場し、八回の打席でボール球に手を出して空振り三振に倒れていた。

PR