鈴木聖歩、4月からJR東日本東北入り「特別な思いを持ってプレー」/東北スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

鈴木聖歩、4月からJR東日本東北入り「特別な思いを持ってプレー」/東北スポーツ

更新

今春のJR東日本東北入社が内定している鈴木。宮城・女川町出身の外野手が活躍を誓う (撮影・井上幸治)  社会人野球で4年ぶりの都市対抗出場を目指すJR東日本東北(宮城)は、4月加入予定の入社内定選手が合流している。神奈川大学リーグ・桐蔭横浜大の鈴木聖歩(せいふ)外野手(4年)=宮城・東北高出身=は、2011年の東日本大震災で被害を受けた宮城・女川町出身。野球ができる喜びを胸に、地元での奮闘を誓った。

<< 下に続く >>

 愛着がある宮城でのプレーを選択した。喜ぶ一方、一層気を引き締めることも忘れない。

 「JR東日本東北には最初に声をかけてもらったので決めたが、いざそれが宮城(のチーム)だと(責任感が)違うなと思った」

 桐蔭横浜大で3年春に首位打者と打点王を獲得した巧打者。JR東日本東北の西村亮監督(44)も「打率も残せるしパンチ力もある。(将来は)3番を打てる」と評価する。将来はプロ入りが目標だが「まずは試合に出るためやるべきことを一生懸命やりたい」。外野手争いを勝ち抜き、その先を目指す。

 出身は東日本大震災で津波被害を受けた女川町。自身は無事だったが、祖母の自宅や父の会社が被害を受けた。

 中学時は被災地のリトルシニアなどが集う「絆甲子園」にも出場。高校、大学のプレーを通じ「震災を経験しても野球ができるのは幸せ。中学時代の仲間も引退しているし、特別な思いを持ってプレーしている」と、被災した経験を前向きな力に変えてきた。

 再び手にした宮城でのプレーのチャンス。「いろんな人から『見に行くから頑張れ』といってもらっている。都市対抗出場を目標に頑張りたい」と仲間の存在も大きなモチベーションだ。

 名前の「聖歩」は野球が好きな父が「セーフ」から命名した。常に先の塁、目標へノンストップで突き進んでいく。 (井上幸治)

鈴木 聖歩(すずき・せいふ)

 1997(平成9)年2月26日生まれ、22歳。宮城・女川町出身。女川一小1年の時、石巻ハンドレッツで野球を始める。女川一中では石巻中央リトルシニアでプレー。東北高を経て、桐蔭横浜大では1年春からベンチ入りし、3年春のリーグ戦でベストナイン(外野手)、首位打者、打点王。今春、JR東日本東北へ入社。172センチ、77キロ。右投げ左打ち。家族は両親、姉、兄。

PR