PL学園OB、練習試合で“逆転のPL”再現 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

PL学園OB、練習試合で“逆転のPL”再現

更新

7回、PL学園OB・岩田徹が適時打を放つ(後方は清水哲監督)=大阪府箕面市の同専門学校グラウンド(撮影・岡本義彦)  マスターズ甲子園2019大阪府予選に出場するPL学園高が2日、大阪・箕面市内で履正社スポーツ専門学校北大阪校と練習試合を行い、7-5で勝利した。

<< 下に続く >>

 1-4の七回に同点に追いつくと、なおも無死一、三塁で途中出場した元阪神・岩田透(52)が左越えの勝ち越し二塁打を放ち、お家芸として謳われた“逆転のPL”を再現してみせた。

 桑田真澄OB会長(50)らは姿をみせなかったが、約20人のOBが集結。試合中は笑顔をみせながらも勝負においてはさながらの真剣みを漂わせ、車いすで駆けつけ、監督を務めた清水哲氏(52)は「やるからには勝つぞ、と言っていた。僕にとっては、PLは負けるわけにはいかないので」とよろこんだ。

 3月中旬にも次の練習試合を行う予定という。今回は攻撃中に、学校で保管していた「PL」のヘルメットをかぶったもののユニホームはバラバラ。だが次回には「PL GAKUEN」のユニホームが揃う予定で、準備は少しずつ整っている。

PR